10月の読書記録2016年11月03日

2016年10月の読書記録
読んだ本の数:15冊
読んだページ数:3680ページ


銀座のツバメ銀座のツバメ
読了日:10月28日 著者:金子凱彦
辛夷の花 (文芸書)辛夷の花 (文芸書)
読了日:10月24日 著者:葉室麟
鉄の骨鉄の骨
読了日:10月23日 著者:池井戸潤
おとぎ話の生物学―森のキノコはなぜ水玉模様なのか?おとぎ話の生物学―森のキノコはなぜ水玉模様なのか?
読了日:10月20日 著者:蓮実香佑
江戸の天才達が開花させた和算の魅力に迫る!江戸の天才達が開花させた和算の魅力に迫る!
読了日:10月18日 著者:小寺裕
和算の再発見: 東洋で生まれたもう一つの数学 (DOJIN選書)和算の再発見: 東洋で生まれたもう一つの数学 (DOJIN選書)
読了日:10月18日 著者:城地茂
妖怪アパートの幽雅な日常 ラスベガス外伝 (YA! ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な日常 ラスベガス外伝 (YA! ENTERTAINMENT)
読了日:10月14日 著者:香月日輪
妖怪アパートの幽雅な日常(10) (YA! ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な日常(10) (YA! ENTERTAINMENT)
読了日:10月14日 著者:香月日輪
妖怪アパートの幽雅な日常(9) (YA! ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な日常(9) (YA! ENTERTAINMENT)
読了日:10月13日 著者:香月日輪
妖怪アパートの幽雅な日常(8) (YA! ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な日常(8) (YA! ENTERTAINMENT)
読了日:10月13日 著者:香月日輪
妖怪アパートの幽雅な日常(7) (YA! ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な日常(7) (YA! ENTERTAINMENT)
読了日:10月11日 著者:香月日輪
妖怪アパートの幽雅な日常 6 (YA! ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な日常 6 (YA! ENTERTAINMENT)
読了日:10月6日 著者:香月日輪
妖怪アパートの幽雅な日常(5) (YA! ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な日常(5) (YA! ENTERTAINMENT)
読了日:10月6日 著者:香月日輪
なぜ蚊は人を襲うのか (岩波科学ライブラリー)なぜ蚊は人を襲うのか (岩波科学ライブラリー)
読了日:10月5日 著者:嘉糠洋陸
神速の剣神速の剣
読了日:10月2日 著者:近衛龍春


9月の読書記録得2016年10月02日

2016年9月の読書記録
読んだ本の数:15冊
読んだページ数:3600ページ


妖怪アパートの幽雅な日常〈4〉 (YA! ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な日常〈4〉 (YA! ENTERTAINMENT)
読了日:9月30日 著者:香月日輪
妖怪アパートの幽雅な日常(3) (YA! ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な日常(3) (YA! ENTERTAINMENT)
読了日:9月30日 著者:香月日輪
最新研究で読む 地球環境と人類史最新研究で読む 地球環境と人類史
読了日:9月29日 著者:石弘之
消えるコトバ・消えないコトバ消えるコトバ・消えないコトバ
読了日:9月26日 著者:外山滋比古
銀行狐銀行狐
読了日:9月25日 著者:池井戸潤
だから昆虫は面白い:くらべて際立つ多様性だから昆虫は面白い:くらべて際立つ多様性
読了日:9月21日 著者:丸山宗利
仇敵仇敵
読了日:9月21日 著者:池井戸潤
妖怪アパートの幽雅な日常(2) (YA! ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な日常(2) (YA! ENTERTAINMENT)
読了日:9月19日 著者:香月日輪
妖怪アパートの幽雅な日常(1) (YA! ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な日常(1) (YA! ENTERTAINMENT)
読了日:9月18日 著者:香月日輪
観察する目が変わる 水辺の生物学入門 (BERET SCIENCE)観察する目が変わる 水辺の生物学入門 (BERET SCIENCE)
読了日:9月16日 著者:西川潮,伊藤浩二
金融探偵金融探偵
読了日:9月13日 著者:池井戸潤
果つる底なき果つる底なき
読了日:9月12日 著者:池井戸潤
植物の形には意味がある (BERET SCIENCE)植物の形には意味がある (BERET SCIENCE)
読了日:9月9日 著者:園池公毅
不祥事不祥事
読了日:9月5日 著者:池井戸潤
銀行総務特命銀行総務特命
読了日:9月4日 著者:池井戸潤


Two European species of Acerentomidae2016年09月24日

ZootaxaにヨーロッパのAcerentulus属2種を扱った論文が公表された.

Redescription of two European species of Acerentomidae (Protura)
belonging to the Italian fauna  by LORIS GALLI1,3, MATTEO CAPURRO2, FABIO COSTA1, GABRIELE DI STADIO1, ANTONIO SARÀ1 & MATTEO ZINNI1 in Zootaxa 4154 (3): 303–315

内容としては,Acerentulus apuliacusの南イタリア(Apulia, Basilicata)の新たな標本による再記載,とAcerentulus rusekiの南西イタリア,Liguria,からの標本を用いた再記載とPodolinella属への変更.

Gracilentulus, Podolinella, Tuxenidaia, Vidobonellaの区別は難しい.全部まとめて,Gracilentlulusで良いように思える.

この人たちの論文では,毛序の表の項目タイトル表記が間違っている.以前指摘したが,全く修正されていない.成長段階での刺毛の出現順に意味があるのに,それが分かっているのだろうか.

長瀞サンプルのソーティング2016年09月20日

今月9日に荒川沿い(哲学の道沿い)のクヌギやシデの林といえないくらいの場所のサンプル。大正時代?の絵図を見ると、キャンプ場とある場所か。それで河岸段丘の平坦地を利用したのか。

まだ最初の一瓶の半分くらいだが、予想以上に採れている。だが、皆小さい。本当に小さい。ただ、幼生にしては、体色は黄色でクチクラはしっかりしているように見える。成虫に思えるが、それにしても小さい。何だろうか。

ソーティングにはまだ少し時間がかかりそうだが、どんな種か気になる。小さいので検鏡するには苦労しそうだ。